しっかりと作戦をノートにメモをして目標通りに

 熟すということが大切です。これは一つの策だったりするのです。昔の軍師といういわれる人はすべてメモをしてその戦い方を学んだと言います。相手のやり方や陣の組み方を神に書き記したりまた残したりして戦ったと言います。すべてが全て学習に成り立ったいるのといえます。かの天下人になった徳川家康の家臣、本田忠勝はそこまでやっていたとお言いますし、大将である徳川が伊賀越えするさえに相手の攻撃に追っ手にビビってしまい脱糞をしたと聞きます。ですがその大将のお尻を拭き続けたのは本田忠勝といわれています。これが有名な言葉で大将のケツを拭くという言葉なのです。それの通り私には、背後がもう一人協力してくれてる人がいます。それと同時に供に協力して相手を叩き潰したいと思っています。それが私の狙いなのです。まずはそのためのデータなるもの揃えないとダメなのです。なんでもそうですが相手の弱点を見つけて突くのがいちばんいいのです。http://www.hot-corner.jp/