髪を明るい色調で染めてみたのですが、今一つ

いつもはねちっこいブラウンみたいで白髪染めをしていたわたし。
ちょっとイメージチェンジをと思って、明るめのブラウンで染めてみました。
どうにも若返った意欲で最初は良かったのですが…。
何だか、周囲のレスポンスが今一つ。小無茶苦茶にされているのかな?と思うようなことが立て続けに起きるようになったんです。
例えば幼児のゼミナールで、担任から時々イチャモンつけられるようになったり。
(飽くまでこどものため、髪のことをなんだかんだ言われているわけではないんですけど)
心の面倒があって、表通りのカウンセリング部屋でトライカウンセリングを受けてみたところ、「人のせいにするな、洗い浚いあなたが乏しいんだ」と散々悪口を言われただけで終わってしまったり。
うーん、気の力不足かもしれないんですが、スペースかんばしくないことばかり起こります。
何となく、髪を赤茶色に染めちゃうようなマミーはヤンキー?みたいな、古くさい考えの人類が依然多いんでしょうかね。
確かに一昔前に見比べ、可愛い茶髪の人類っていまいち見なくなりました。
これは放棄だったかな?と思ったので、次回はまた執念深いブラウンに染め直すことに決める。

すっかり低視聴率しか話題にならなくなったフジの月9

今回の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の第2話は、視聴率が6.9%だったそうです。
私は第1話しか見ていませんが、アレでは次週も見ようという気は起きないだろうなと思っていましたが、ものの見事な落ちっぷりです。
もはや月曜日の9時から恋愛ドラマを見る人間など珍しくなったのでしょう。皆、金が無くて世知辛くなったのではないでしょうか。
中途半端に、おとぎ話みたいな恋愛ドラマを見たいと思うような「夢見る女子」が減ったのかもしれません。
私はもともと男性ですし、それほど恋愛ドラマは見ない方ですが、韓国ドラマでは今でも何本か見ます。
単純に話が面白くないのではないでしょうか。
話が面白ければ、西内まりあが主演だろうが、下手くそな歌手が相手役だろうが、それなりに見る人もいると思います。
ストーリーがつまらなければ、見続ける気がしません。
今回のこのドラマの視聴率に関しても「フジテレビだから」だとか「西内まりあだから」だとか関係ない気もします。